京都フードビジネスコンソーシアム

有職織物

手作桶

京都ビジネスサポート株式会社

グループ企業

有職織物とは

有職(ゆうそく)織物とは?

平安時代以来、朝廷をはじめ公家の生活に使われた装束、調度などに使われた絹織物を言います。種類としては、綾(あや)、浮織物(うきおりもの)、二倍(ふたえ)織物、錦(にしき)、穀(こく)、紗(しゃ)などがあり、柔和な質感、穏やかな色調、親しみやすい文様、いずれも上品な味わいを漂わす最も日本的な織物です。文様についても、中国、インドなどの影響を受けています。


二倍(ふたえ)織物の特徴

二倍(ふたえ)織物今回ご提案する帯、二倍(ふたえ)織物は、日本の宮廷貴族社会で発達した織物の一つで、地紋(じもん)と上紋(うわもん)がそれぞれ違った織技術で作られているため、このような呼び方になりました。現在も皇族の方々の唐衣(からきぬ)、表衣(おもてぎぬ)、袿(うちぎ)などに使用されています。過去には格の高い皇族の装束に使われていました。